音楽の楽しみ方 3


人にはそれぞれ

自分の好きなジャンルや

好きなアーティストが

存在します。

それらの音楽を

中心に好きな時に

好きな場所で

聴けるというのが

音楽の良いところです。

ある程度

繰り返し聞いたら

同じジャンルの

別のアーティストの曲を

聴いてみたり

好きなアーティストの

別のアルバムを購入してみたりと

徐々に自分が聴く音楽の範囲を

広げていくのも楽しみ方の一つです。

音楽再生端末さえあれば

聴く場所も選ばないので

音楽をかけながら

寝床に入ったり

逆に目覚めに音楽を

鳴らしたりと音楽の利用法も様々です。

音楽の楽しみ方 2


音楽には様々なジャンルがあり

同じジャンルであっても国や地域

歌手や作曲家などによっても

雰囲気が変わってきます。

そして

音楽にはリズムやメロディー

歌詞

伴奏などと色々な要因が

複雑に絡み合って完成しているわけですが

どの部分に引かれるかは人それぞれ異なり

それに理由もありません。

サビの部分を口ずさんでいたり

頭の中で好きな曲のメロディーラインが

鳴り響いているということは誰でも

経験があるのではないでしょうか。

音楽の楽しみ方 1


今や音楽を聴くということは

年齢など関係なく

ほとんどの人が

日常的におこなう行為です。

音楽を聴く端末も今では

小型化し手軽に

持ち運びできることもあり

通勤や通学

旅行の移動中

休憩中

待ち合わせの間などにも

イヤフォンを耳に入れれば

自分の好みの曲を

いつでも聴くことができます。

疲れた時やリラックスしたいときに

ストレス解消の目的で

音楽を聴くのはもちろんの事

日常的に音楽を

聴くことが

趣味だという人も大勢います。




趣味としての音楽 3


老若男女問わず音楽を

行くという行為は

普遍的なものです。

仕事や勉強などの合間に

気分転換のために音楽を聴いたり

精神的に疲れている時に

音楽を聴いて癒されたりと

音楽は現代人にとって必要不可欠な

存在となりつつあります。

ただ

人によって自分が

聴いていて心地よく感じたり

癒されると感じる音楽の

ジャンルは異なるものです。

テレビやラジオなどから

流れてくる色々なジャンルの

音楽を受動的に聴くというのは

日常的なことですが趣味とまでは言えません。

自分が好きなジャンルの音楽を自発的に

聴くという行為が

趣味としての音楽鑑賞というように区別されます。

武智建樹

[PR] カテゴリー登録 | レンタルブログ

趣味としての音楽 2


今や音楽は一昔前までのように

レコードやCDを手に入れなくてもインターネットを

通じていつでも手軽に

デジタルデータとしてダウンロードで購入し

聴くことができます。

そのデータを

パソコンや携帯端末

ipodなどの音楽プレイヤーなどに

移すこともでき

音楽視聴のハードルは

さらに下がってきました。

趣味としての音楽 1


昔は、音楽を聴くとなるとオーケストラの

演奏がされる会場に出向いて聴いたり

歌手の生声を

会場で聴くといった方法しかありませんでした。

しかし

録音装置や音声の伝達手段が確立してからは

大勢の人が同時に同じ音楽を聴けるようになり

さらに時代が進むとポータブルの音楽装置

たとえばウォークマンなどのようなものが登場し

音楽を聴くという行為は

個人的なもので時間や場所を選ばなくなりました。

その結果として

音楽鑑賞を楽しむことを趣味とする人も急激に増加し

現在に至っています。