趣味としての音楽 3


老若男女問わず音楽を

行くという行為は

普遍的なものです。

仕事や勉強などの合間に

気分転換のために音楽を聴いたり

精神的に疲れている時に

音楽を聴いて癒されたりと

音楽は現代人にとって必要不可欠な

存在となりつつあります。

ただ

人によって自分が

聴いていて心地よく感じたり

癒されると感じる音楽の

ジャンルは異なるものです。

テレビやラジオなどから

流れてくる色々なジャンルの

音楽を受動的に聴くというのは

日常的なことですが趣味とまでは言えません。

自分が好きなジャンルの音楽を自発的に

聴くという行為が

趣味としての音楽鑑賞というように区別されます。

武智建樹

[PR] カテゴリー登録 | レンタルブログ

趣味としての音楽 2


今や音楽は一昔前までのように

レコードやCDを手に入れなくてもインターネットを

通じていつでも手軽に

デジタルデータとしてダウンロードで購入し

聴くことができます。

そのデータを

パソコンや携帯端末

ipodなどの音楽プレイヤーなどに

移すこともでき

音楽視聴のハードルは

さらに下がってきました。

趣味としての音楽 1


昔は、音楽を聴くとなるとオーケストラの

演奏がされる会場に出向いて聴いたり

歌手の生声を

会場で聴くといった方法しかありませんでした。

しかし

録音装置や音声の伝達手段が確立してからは

大勢の人が同時に同じ音楽を聴けるようになり

さらに時代が進むとポータブルの音楽装置

たとえばウォークマンなどのようなものが登場し

音楽を聴くという行為は

個人的なもので時間や場所を選ばなくなりました。

その結果として

音楽鑑賞を楽しむことを趣味とする人も急激に増加し

現在に至っています。