趣味としての音楽 3


老若男女問わず音楽を

行くという行為は

普遍的なものです。

仕事や勉強などの合間に

気分転換のために音楽を聴いたり

精神的に疲れている時に

音楽を聴いて癒されたりと

音楽は現代人にとって必要不可欠な

存在となりつつあります。

ただ

人によって自分が

聴いていて心地よく感じたり

癒されると感じる音楽の

ジャンルは異なるものです。

テレビやラジオなどから

流れてくる色々なジャンルの

音楽を受動的に聴くというのは

日常的なことですが趣味とまでは言えません。

自分が好きなジャンルの音楽を自発的に

聴くという行為が

趣味としての音楽鑑賞というように区別されます。

武智建樹

[PR] カテゴリー登録 | レンタルブログ